FX貯金箱を作ろう -はじめに-

  • 「低リスクで高利回り」
  • ほったらかしにできる
  • お小遣いではじめられる

こんにちは!管理人のカピバラFXです。
当サイトでは上記のような”FX貯金箱”を作ることを目指しています。

※あくまで投資方法の実践・検証・記録することがサイト目的です。投資助言や勧誘は目的とはしていません。詳しくはサイトポリシーを参照ください。

投資でお金を増やしたい。
だけど、なかなか良い投資先が見つからない。投資成績が上がらない。
あるいは、投資を始めたいけど怖くて躊躇している。

そんな人がこのページを見てくれているのではないかと思います。

私も同じように、なかなか良い投資先が見つからずいました。
まずはこの、投資を始めたり良い投資先を見つけるのに何がハードルになっているのかを考えていきます。

投資のハードル

大きく3つのハードルがあると思います。

損失が出るリスクがある

これが多分一番大きなハードルなのではないでしょうか。

そして、株式投資やFX(外国為替証拠金取引)など高い利回りを狙えるものほどリスクが高く、当然のように元本割れも発生します。
私も投資を始めて暫くはマイナスでした。

一方で元本が保証されるものはリターンもほとんどありません。
定期預金の利率はだいたい0.02%、40年国債でも0.7%程度。
1億円の資産があっても年間70万しかリターンがありません。

ほとんどの投資において、継続的に利回り5%も出せれば優秀なほうではないでしょうか。
一時的な勝った負けたではなくて、市場から叩き出されずに継続して利益を出していくことがとても難しいのです。

で、2つ目。

意外と時間を拘束されます

実際に株とかFXをやったことがある人なら分かると思いますが、とにかく相場が気になります。
当たり前ですよね。自分のお金がどうなったか心配ですし、儲かるんじゃないかと期待もします。

それで相場に張り付いてると結構な時間を奪われます。

私は本職がサラリーマンなので仕事中は相場が見れません。
やろうと思えばスマホで見れないことも無いのですが、それだと落ち着いて仕事も取引も出来ません。
かと言って仕事以外の時間だけトレードをしていて稼げるほど甘い世界でもありません。

せっかく投資でお金に働いてもらいたいのに、これでは不労所得ではなく単に割の悪い副業になってしまいます。

そこで数年前から流行っているのが、FXのリピート売買システムです。
一度設定をしてしまえばあとはシステムが自動で売り買いしてくれます。

私が最初に知ったのはマネースクエアのトラリピというシステムですが、その後続々と大手FX各社から同様のシステムが提供されています。外為オンラインのiサイクル注文や、アイネット証券のループイフダンなどと似たようなシステムが提供されています。
(で、特許関連でドロドロの法廷闘争をやってます)

初期費用が高い

最後のハードルがこれです。

リピート売買システムを使っても、低リスクと高利回りを両立しようとすると元手として最低100万円ほど必要になります。

マネースクウェア・ジャパンが集計した、2010年5月7日のギリシャ・ショック時の「【図表22】投資金額別の自動ロスカット執行の割合(1万通貨単位の場合)」によると、自己資金が1000万円以上ある投資家の自動ロスカットの執行比率は1%以下でした。つまり、1000通貨単位なら100万円あれば、かなりロスカットにかかりにくくなります。

エンスパ編集部『FXトラリピの教科書』扶桑社, 2013, pp. 60-61

え?100万円とか最初の金額高くないですか??

そう思いますよね?少なくとも私はそう思いました。
いやいや100万ぐらいでなに言ってんの?という方は、ここまでありがとうございました。
当サイトの情報はきっと不要だと思いますのでまたの機会にお会いしましょう。ノシ

低額FX+リピート売買システム

ということで、これら3つのハードルを越えるのにどうするかを考えて至った結論が、低額からメタトレーダーが使える業者を使って、リピート売買システムを自作するというものでした。

メタトレーダー(MetaTrader 略してMT)はご存じの方もいると思いますが、FXなどで使えるトレードソフトです。
裁量トレードでも使えますが、独自のプログラミング言語を持っていて自動売買システム(Expert Advisor 略してEA)を作成することができるので、これを使います。

ということで、当サイトの戦略の特徴は以下の3つになります。
そして、これら3つ全てを組み合わせたのが独自の点となります。

  1. リピート売買システムを採用する
  2. 低額からメタトレーダーが使えるFX業者を利用する
  3. 自動売買システムを自作する

では、なぜこれら3つの特徴が必要なのか。
ひとつずつ説明していきます。

リピート売買システムを採用して損失リスクと拘束時間を抑える

まず使うシステム自体は既存のリピート売買システムを採用して真似します。

このシステムはトレンドに左右されず、相場の変動自体を収益に出来るので、相場に張り付いている必要がありません。
一度設定してしまえば、あとはほったらかしで収益をあげてくれます。

また相場をトレンドではなく値動きの幅で予測するので、この幅を大きく取ることで損失リスクを低く抑えることができます。

これで1つ目のハードルである「損失リスク」と2つ目の「長時間拘束」をクリアできます。

低額からメタトレーダーが使えるFX業者を利用して初期費用を抑える

次に、3つ目のハードルである「初期投資」を抑えます。

リピート売買システムを使うだけなら、これらシステムを提供する会社で口座を開けばかんたんです。

ただ、リピート売買システムでも安全性と収益を同時に確保しようとすると、1000通貨単位の取引では100万ほど初期費用が必要になります。
これは増資する場合にも同じ額が必要になるので、毎月積み立てるような使い方をすることができません。

そこで、低額でメタトレーダーが使えるFX業者を使うことにします。

リピート売買システムで一般的な最低取引単位は1000通貨ですが、探すと10通貨単位から売買可能でメタトレーダーが使える業者が存在します。100分の1ですね。
つまり、初期費用が100万円必要だったところが、100分の1の1万円から投資に参加できるわけです。
これらな毎月1万円ずつ積み立てるような使い方も出来るようになります。

ただ、この条件に合う口座は選択肢があまりありません。
XM Tradingのマイクロ口座か、FBSのセント口座ぐらいしか見つけられませんでした。
(管理人はXT Tradingのマイクロ口座を利用しています。)

ちなみにどちらも国内の業者ではなく、海外のFX業者です。
この時点で不安になる人は多いと思います。
管理人もそうでしたので、色々と調べました。
その結果、最終的には「海外業者を利用しても問題ない」と判断して利用しています。
色々調べたことは「海外FX業者の利用について」を参照ください。

さて、これで3つ目の初期投資のハードルをクリアしました。

自作することで使うシステムの透明性を確保する

ハードルは3つでしたので全て超えたはずです。
なぜ、わざわざ自作する必要があるのでしょうか?

巷では無料でも有料でも多くの自動売買システム(EA)が配布されています。
それでも自分で作るのは、中身を完全に把握できる唯一の安全なシステムだからです。

利用者から毟るのが目的のEAも死ぬほど出回っています。
有料だから大丈夫ということも、無料だから安全ということもありません。
有料/無料を問わずブラックボックスのEAは絶対に使いたくありません。

なので、当サイトでもEAのソースコードとその解説は公開しますが、実行可能な形式でのEA配布は行っていません。
これは、中身を完全に把握してもらって自分で作ったものと同じように使ってもらいたいからです。

ここが当サイトの最大の特徴でオリジナルな部分になります。

まとめとリンク

以上まとめると、

投資を始めるにあたって、また長期的に安定して収益を上げる為には、以下3つのハードルをクリアする必要があります。

  1. 損失リスク
  2. 長時間拘束
  3. 初期費用

これらをのハードルをクリアするために、3つの特徴を持ったシステムを構築します。

リピート自動売買システムの採用

リピート自動売買を基本システムに採用することで、損失リスクと長時間拘束を回避する。

具体的なリスクを抑えた設定の方法や、通貨ペアの選び方実装する売買システムの戦略などについては、「すごい投資戦略!」にまとめていきます。(すごいと宣言して追い込んでいくスタイルw)

低額FX業者の利用

低額でメタトレーダーが使えるFX業者を利用して初期費用を抑えつつ、増資しやすくして投資効率を上げます。

条件に合うFX業者が海外の業者しかない為、利用するにあたっては不安もありました。
なので調査した海外FX利用のリスクや、その逆の国内業者に無いメリット具体的な登録の方法などを「海外FX業者の利用」にまとめていきます。

売買システム(EA)の自作

EAを自作することで、透明性を確保してEA自体の安全性を担保します。

管理人が開発したEAのソースコードMetaTraderの具体的使い方などは「自動売買(EA/MT4)」で公開していきます。メインコンテンツになる予定です。

運用5か月目の実績

20年12月時点で運用5か月が過ぎたところですが、投資額11万に対して確定利益が3813円。
年利に換算すると8.3%です。

クレジット(証拠金に使える入金ボーナス)を使ってこの数字なので、もう少し伸ばしたいところです。
基本機能を実装しただけでこれだけ利益が出てるので、最適化と追加機能を実装すればまだまだ伸ばす余地はありそうですね。

その他のリンク

その他、注意やサイトマップなど

(重要) 当サイトのご利用については、サイトポリシーをご確認いただき同意できる場合のみご利用ください。

各記事の一覧を見たい人は「サイトマップ」へ

ブログはカテゴリーごとに「開発日誌」か「投資成績」を参照ください。

タイトルとURLをコピーしました