カピバラEA -自動売買-

メタトレーダー4(MT4)での自動売買プログラム(EA)のソースコードを公開していきます。

当サイトではEAの透明性(=安全性)を確保するためにソースコードのみを公開しています。実行可能な形式での配布はしませんのでご了承ください。
ソースコードの使い方はチュートリアルの「自動売買ツールを使えるようにする」を参照してください。

ご利用にあたってはサイトポリシーに同意していただいたものとさせていただきますので、使用前にご参照ください。

最新バージョンのカピバラEAは当サイトからXMTradingの口座開設をしてくれた方へ限定公開とさせていただいています。

ダウンロード

バージョンダウンロード備考
3.0.1 限定公開
(要 会員登録)
3.0.0のバグ修正
・両建てポジションの価格が価格レンジの中央を超えられなかったのを修正
・保有Lot数の見直しタイミングを日足から1分足に変更
3.0.0非公開バグがあるので非公開(3.0.1を推奨)
売りと買いの境目で両建てが出来るように変更
両建て範囲を0%にしても今までとはポジションの持ち方が違うので注意
2021年8月から2022年12月まで運用
2.0.0Capybara EA 2.0.02021年1月~7月で実戦投入した実績のあるバージョン
上記期間での成績は年利換算で約14%
売買動作は初期バージョン+トレーリングストップ&トレーリングエントリ
トレーリングをオフにすると1.0.1と互換性あり(のつもり)
1.0.1Capybara EA 1.0.1ポジション本数決定にクレジットを含めるように初期バージョンを改造
売買動作は初期バージョンと同じく極シンプルなリピート売買
2020年8月~12月で実戦投入して成績は年利換算で約9%
1.0.0Capybara EA 1.0.0初期バージョン。今あえてこのバージョンを使う理由はない。

ソースコード解説

バージョン解説ページ備考
3.0.1準備中売りと買いの境目で両建てを出来るようにしたバージョン
3.0.0では両建てポジションの価格が中央価格をまたげないバグを持っていたので修正した。
結構致命的なバグだったのにそのまま半年も運用してしまった。。。
2.0.0準備中2021年1月~7月で実戦投入した実績のあるバージョン
上記期間での成績は年利換算で約14%
売買動作は初期バージョン+トレーリングストップ&トレーリングエントリ
トレーリングをオフにすると1.0.1と互換性あり(のつもり)
1.0.1カピバラEA 1.0.1解説初期バージョンの極シンプルなリピート売買システム
トラップ範囲を上下に2分割して、高値側を売り、安値側を買いでトラップを設定するハーフ&ハーフ式
2020年8月~12月で実戦投入して成績は年利換算で約9%

タイトルとURLをコピーしました